KAZUMA OBARA

小原一真写真展『3.11 見えない風景』開催のお知らせ

«IAEA -福島閣僚会議7/13 大阪 -UNDER THE BLUE 取材報告会のお知らせ»

この度、東北被災地の1年間の記録を写真展『3.11. 見えない風景』と題し開催することになりました
震災からもうすぐ2年。この機会に、改めて、遠く東北の被災地の現状に目を向ける機会になればと願っています。
皆様のご来場、心よりお待ちしております。

日時:2013年2月22日(金)~24日(日)12 : 00 - 20 : 00
入場料:500円(小学生以下無料)
場所:フォトギャラリー・サイ 553-0002 大阪市福島区鷺洲2-7-19 tel&Fax: 06-6452-0479

この1年、被災地で写真を撮るということは、「分からなさ」と向き合うことでした。
何の写真を撮るべきなのか。どうやって伝えるべきなのか。
自分が伝えようとしていることは何かの役に立っているのか。
伝えることで風化に抗おうとしながらも、自分自身の生活の中に東日本大震災が埋没して行くことを感じていました。
自分の中の「分からなさ」を被災地に直接ぶつけていきながら、撮り続けた1年間の記録です。
ポートレート写真とインタビュー、風景を併せて約50点展示致します。
*詳細URL: http://photo-sai.com/exhibition/2013_exhibit/2013_02_obara/2013_02_obara.html

【写真展関連イベント】
1.映画上映会+ベトナム取材報告会
参加費:1000円(写真展入場料含まず)
日時:2月22日(金)20:00〜
参加費:1000円(写真展入場料含まず)
『忍び寄る原発 ~福島の苦悩をベトナムに輸出するのか』
(制作 FoE Japan 26分) 協力:国際環境NGO FOE Japan
ベトナムへの日本からの原発輸出をめぐるドキュメンタリー映像と
原発立地地域を撮影してきた小原の取材報告会


2.取材報告会
日時:2月23日(土)13:30 ~(13:00 開場)
参加費:1500円(入場料含む)

原発作業員、収束現場に関する最新のレポートと、津波被災地、
放射能汚染地域に関するレポートをスライドショーで報告します。




↓↓↓『3.11 見えない風景』フライヤー↓↓↓
photocard3.png

photocard.png
photocard2.png


©2010 KAZUMA OBARA All rights reserved.