KAZUMA OBARA

小原一真写真展「沈黙ノ歴史」@photo gallery Sai

«Long Term Documentary Workshop with Kazuma Obara and Tomoaki Akasakaトークイベント3月19日「戦争を伝える。歴史を引き受ける。」»

159.jpg

小原一真写真展「沈黙ノ歴史」

太平洋戦争における米軍の無差別爆撃は日本の本土に残る33万の人々を殺し、43 万人を負傷させた。その途方もない被害の中で、当時6歳だったある女の子は左足を失った。生まれて2時間しか経過していない赤ちゃんの左足を焼夷弾の炎が襲った。ある男の子は全身に火傷を負い、また、ある女の子は一瞬にして家族 6 人を失い孤児となった。
戦後、日本は焼け野原から世界有数の経済大国に発展した。その驚くべき成長は「東洋の奇跡」とまで言われた。しかし、そんな輝かしい経済成長の影で、子どもたちは傷痕を見られないように、そのハンデによって人に迷惑をかけないように、一生懸命その痛みを隠しながら、ひっそりと生きてきた。長きに渡り、痛みの声さえあげることを許されなかった彼、彼女たちの沈黙の歴史を伝える。


【写真展期間】 3月10日(金)〜3月20日(月) 13:00- 19:00 (期間中無休)

【入場料】 500円

【場所/問い合わせ】 photo gallery Sai   〒553-0002 大阪市福島区鷺洲2-7-19 tel&Fax: 06-6452-0479


【関連イベント日程】

3月10日(金)オープニングトーク 19:00-20:00 参加費無料(写真展入場料のみ)

3月11日(土)震災/原発事故関連トークイベント「溝を埋める」19:00-20:00 参加費 1,500円

3月19日(日)大阪大空襲関連トーク、紙芝居読み聞かせイベント  登壇者:安野輝子氏、小林英子氏(紙芝居

           14:00-16:00  参加費 1,500円


©2010 KAZUMA OBARA All rights reserved.